「入試当日、合格点をとるためだけに」

合格が、受験生・保護者をはじめ受験に関わる人達すべてにとって最良の結果であることは言うまでもありません。その最良の結果を得るために、塾・講座・教材・講師等の選択をすることになります。

インターネット等の情報収集手段の発達により、従前よりも情報収集が用意になったため、選択に際して正確な判断を下せるようになったかのようにも見えます。逆に、情報過多により、正確な判断がし辛いというデメリットも存在するのです。

授業の形態や学習内容等がどのようなものになろうとも、「自分がわからないことをわかるようになる」という学習の本質は変わらないと信じております。すべてはそれを目的とした手段でしかないのです。

以下は、とある保護者の方のお言葉です。
「生徒と保護者が講師に対して求めているのは、できない問題を解けるようにしてもらうことでしかない」

現在、様々な観点から中学受験は語られるようになりました。「将来を見据えた子供の成長」であったり、「その子自身がどうあるべきか」であったりと、多岐にわたります。しかし、そもそも学習塾の講師でしかない我々が、「教育」と称して一人のお子様の成長に、具体的かつ実行性ある手段をもって関与することなど不可能に近い思っております。中学受験を通して受験生や保護者が成長することはあっても、我々が主体となって成長させることなどできないのです。

それならば、端的に「問題を解けるようになるため」はどうすべきかだけを考えたところ、今回の演習形式のシステムの採用に至りました。解けた問題に点数が与えられる以上、「問題を解き、講師のサポートにより、できない問題をできるようにすること」が、合格することに対するシンプルかつ直接的な解決策であることは間違いないからです。

以上、「入試当日、合格点をとるためだけに」

クリエートベース